お悔やみ電報本文における注意事項

お悔やみ電報 本文における注意事項

 

お悔やみ電報の本文は、電報を手配するサイトにも例文が多く掲載されているものです。しかし一方で、例文そのままをお送りするのではなく、あなたのお気持ちを上手に交えてお送りするのが理想的。そこで、本文を作成する際に気をつけたいポイントをまとめました。

 

 

■「忌み言葉」に気をつけて

 

「忌み言葉」というのは、葬儀の際などに相応しくないといわれる、縁起の悪い言葉です。結婚式にも同様のものがありますが、特に葬儀に際して留意しなくてはならないものは下記のような忌み言葉です。

 

★不幸が重なることをイメージさせる言葉
例……重ね重ね、度々、返す返す、ますます、再三

 

★不幸が続くことをイメージさせる言葉
例……続いて、重ねて、追って

 

★直接「死」を含む言葉
例……死んだ、死亡、死去、死

 

以上のようなものは、葬儀における忌み言葉です。電報は告別式で読み上げられることも多くありますので、忌み言葉を含まないよう注意しましょう。

 

 

■使っても良い言葉は?

 

とはいえ、お悔やみ電報は亡くなられた方を悔やむ気持ちを表すのですから、「死」の意味合いを含ませなくてはならないこともあるでしょう。そんなときはどのような言葉を使えば良いでしょうか?

 

例えば、「死去」であれば、「ご逝去」という言葉は使うことができます。
また、「死んだ」という意味合いであれば、「お亡くなりになった」とするのが妥当です。

 

使ってもよい言葉に置き換え、お悔やみの気持ちをお伝えくださいね。

 

 

お悔やみ電報は、いちから自分で文章作成するのは難しいので、やはり最初は文例から適切なものを選び、故人様に合わせてアレンジするのがおすすめです。文例は、「Verycard」から選んでアレンジし、そのまま送ることができるので、是非ご利用くださいね。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ