お悔やみ電報のマナー

お悔やみ電報のマナー

 

お悔やみ電報にはマナーがつきもの。数多くあるマナーですが、訃報を知ってからお悔やみ電報を送るまでの、マナーの流れを把握しておきましょう。

 

 

■お悔やみ電報は早めの手配を

 

亡くなってすぐのお悔やみ電報は、告別式の前日までに葬儀場へ、が基本です。

 

 

■宛名は「喪主様」、もしくは「喪主様方○○様」

 

葬儀場で電報が迷子にならないよう、宛名には喪主様のお名前を入れましょう。「故人様のお名前 ご遺族様」としてもマナー違反ではありませんが、喪主様のお名前は葬儀場に確認すると教えていただけることが多いようです。
宛名を「故人様」とするのはマナー違反ですので注意してくださいね。

 

 

■本文では忌み言葉に気をつけて

 

お悔やみ電報には「忌み言葉」があります。不幸が重なる「重ね重ね」や、不幸が続く「追って」「続いて」、そして、「死」を直接的に表す「死」「死亡」といった言葉が、忌み言葉として挙げられます。これらの言葉を本文中に含めないよう注意しましょう。
代わりに、「お亡くなりになった」「ご逝去」といった言葉は使うことができますので、上手に置き換えてくださいね。

 

 

■差出人は難読であれば仮名を

 

お悔やみ電報は、告別式の場で読み上げられることがありますが、このとき、差出人名があやふやですと、現場に混乱を来すことも。誰が見てもわかるというお名前であれば別ですが、客観的にみて少しでも疑問を抱かせるお名前であるのならば、差出人名にフリガナを添えてあげるのが親切です。

 

 

以上、お悔やみ電報を送る際の、基本的なマナーについてご紹介しました。忌み言葉、本文の文例等については、別ページに詳しく解説していますのでご参照くださいね。

 

 

訃報を聞いてから急いで送ることが必要なお悔やみ電報。電報の種類を迷ったり、文章を作成するにも、時間の余裕があまりないのが特徴です。選びやすく、例文からスムーズに文章を作成することのできる、「Verycard」がおすすめですよ。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ